ホーム > > > データ > > > 商品相場データベース

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
株式投資情報のレビュー 先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

商品相場データベース
考えてみよう!

情報投資ドットコムでは超長期の商品相場のデータベースを用意しました




例えば1980年に起こった石油危機、その時相場は実際にどうだったのか?文章やニュースではよく見ますが実際に相場がどうなったかを見て初めて本当に理解できるものです!石油危機の時に小豆はどう動いたか調べたくなってきませんか?

世界恐慌、第二次世界大戦に金相場がどうなったのか?巷では不安を煽る本が沢山でていますが、その時相場は実際にどう動いたかを知ることが、情報に惑わされない秘訣です

イメージ優先でなく、現実になにが起こったかを知ることが投資には大切です




1.テクニカル分析、短期での検証でなく10年単位での分析ができます

2.マクロ分析、歴史の研究 相場が動く事により戦争を触発したりしますから、時代背景を研究・理解するのに役立ちます

3.大衆心理の研究 バブルの時、恐慌の時、大衆はどう動くでしょう?

当然ながら経済は繋がっていますから、商品相場の歴史を理解する事で、株式投資・通貨投資の理解が深まります







商品相場の歴史チャート


GOLD相場

NY金1968-2005年 (xls)

1793年〜2001年の年足データ (xls)

ロンドン金価格 1833年〜1997年 (xls)



銀相場

ロンドン銀価格1792年〜1997年 (xls)

金と銀の交換レート(1833年〜2004年) (xls)


白金相場
1960-1999年のアメリカ白金価格年足  (xls)


パラジウム相場
1968-1998年までのアメリカパラジウム (xls)



エネルギー


NYME原油月足データ83-05(xls)





天然ガス



視点
マーケットの魔術師を読みながら、相場データを眺めよう。新たな視点や臨場感が得られるだろう。

このチャートの中には血と汗と涙、一夜にして掴んだ富など数々のドラマが繰り広げられてきたのである。








東京工業品取引所

パラジウム投機   ピックアップ!!





1996年の大底の409円から天井の2001年の3710円まで9.07倍になっている。

商社系投機筋が買占めストップ高を連発させ個人投資家が決済(損切)できないようにしたうえで彼らを潰して大儲けした。その後自殺者も出て、裁判も起きた。

この事件から、流動性が低い商品で信用を張るリスクを学ぶ事ができる


















コーン




大豆



砂糖

NY砂糖価格・超長期チャート(1972年〜2008年)




コーヒー

NYアラビカコーヒー(1974年〜2005年) (xls)
注!このアラビカコーヒーのデータは大雑把な数値です、正確性はまったくありませんのでご注意ください











国際商品指数・主要商品価格








名古屋穀物砂糖取引所
小豆価格・超長期チャート(1956年〜1996年) (xls)




甘しょでん粉価格・超長期チャート(1956年〜1996年) (xls)



一口メモ
マネーサプライと為替レートの影響からか小豆と石油だが意外と連動している。しかしながら最近の石油高騰にもかかわらず、小豆は最安値を更新しているという状況である。






名古屋繊維取引所

名古屋トップ相場(1962年〜1975年)



豊橋乾繭取引所

乾繭価格・超長期チャート(1951年〜1971年) (xls)



横浜商品取引所
横浜生糸価格・超長期チャート(1951年〜2005年) (xls)



東京穀物商品取引所

小豆価格・超長期チャート(1982年〜2005年)

大豆価格・超長期チャート(1982年〜2005年) (xls)


東京トウモロコシ価格・超長期チャート(1982年〜2005年) (xls)







投資で勝つ為の原理原則は極めて単純です。このコラムには、私が10年かけて掴んだ情報が詰まっています。投資の本質を掴む事で、貴方の貴重な時間を節約し、投資パフォーマンスを大きくする為に情報に投資してみませんか?

10年後の将来の為に行動してみませんか?短期的視点を捨て去り、長期的視点に立つ事こそラットレースを抜け出す道です。





著作権・免責事項について
著作権について

「情報投資ドットコム」に掲載されている文字・画像等のコンテンツに関する著作権は、当サイト「情報投資ドットコム」に帰属します。著作権法の規定に基づく私的目的により利用する場合、「情報投資ドットコム」に事前に承諾を得た場合を除き、無断で転載、複製、改変、放送、公衆送信、販売、貸与などの利用をすることをお断りいたします。

免責事項
((ご注意!))「情報投資ドットコム」は、当サイトで提供する情報(リンク先の情報等を含む)に関して、万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありませんユーザの方による当サイトのご利用にあたっては、ユーザ自身の判断によるものといたします





投資情報の情報投資ドットコム



ホーム > > > データ > > > 商品相場データベース