新しい物には手を出さない。工場設備、開発費、流通費、広告費、投資家の利益。これらを少数の消費者が負担する事になる。普及品になるまで待ち、その後安価に買う。普及品になれば、商品の問題点は浮き彫りになり、ミスは改善され、より洗練される。そして価格は
驚くほど低下する。その後、コピーメーカーが市場に参入し価格はさらに低下していく。

古くからある伝統は、すでに膨大な時間とコスト、実験を経て実用可能になっているものが多い。それを決して軽視しない。

古くて当たり前の実用品は、驚くほど貴方を豊かにする。そして退屈のあまり驚愕のこの事実を人々は無視し続ける。

























ホーム > > > バリュー消費コラム
もどる