もし仮に、貴方が才能や運に恵まれていなくても、その限られた能力の範囲内で最善の手を打つべきだ。
人より駄目でどうしようもなくとも、その駄目な自分の範囲内で最善を尽くすべきである。与えられた能力の範囲内で最大限に自分自身を活用しよう。

そして思う存分自分を褒めよう。大半の事は誰も認めてくれはしない。貴方自身が精一杯自分を励まさなくては貴方を幸福にするのは、貴方自身のつとめである。自分自身を認める事で、焦りから抜け出し、長期戦略に持ち込める。じっくり手を打てば勝ちは約束されている。










ユダヤの5000年の歴史、中国の2500年の歴史、世界の金融の中心地米国70年の証券分析史で今まで生き残ってきた教えは決して馬鹿には出来ない。伝統に裏打ちされた概念は、驚くまでに強固である。そして貴方は、バリュー消費という概念を通じてそれらの伝統に守られていくのである。

これでどこに悲観する必要があるのだというのだろうか?







ホーム > > > バリュー消費コラム
もどる