「身の丈に合う」というという古くからの日本の素晴らしい諺がある。支出と収入を最適化できない暮らしは貧しいのである。無理してローンを組み、暮らしを上見る。若いうちならそれも勉強のうちであろう。しかし結局は、豊かさとは対極の不毛な過剰競争社会に組み込まれる。

身の丈に合う生活とは、先人たちが散々試し続けた挙句に辿り着いた金言である。無理せず最も豊かさを享受できる事なのだ。





ホーム > > > バリュー消費コラム
もどる