価格競争の厳しいコモディティを手にするバリュー消費実践者は、お客様でない。我々はむしろ商売人であり、安価なサービスを提供した従業員と事業主こそお客様なのである。


だからこそバリュー消費家は、頭を垂れ従業員に「ありがとうございます」と感謝しなければならないのである。罷り間違ってもサービスの質が低い等と激怒している場合ではないのだ。

「安価にサービスを提供してくれたお客様」に腹を立てるのは筋違いである。







ホーム > > > バリュー消費コラム
もどる