退屈な100円ショップの商品、ありきたりなつまらない古くからある伝統の品物。人生の落伍者が使うと思われる格安メーカーの商品。


これらは貴方に夢を与えない。人生の成功者というイメージを演出してくれない。ましてや店を見渡せばセンスの欠片もない陳列ばかり。そんな店に訪れた貴方も冴えないお客さんの一人であるわけだ。


しかしだ。


イメージに惑わされてはいけない。



貴方は自分自身をDIYすればいいだけである。




退屈なコモディティを売るショップは、夢を与えてくれない、ならば自分で創意工夫して夢のある使い方をすればいい。

成功者というイメージを演出できないならば、自分自身で自分をブランディングすれば良い。


コモディティのショップがセンスの欠片もないならば、自分自身がデザインのスキルを身につければ良い。カラーの統一やトータルコーディネイトを実践するだけで、周りの人たちをゴボウ抜きである。




そして肝心なのは価格である。企業は通常、自分が売りたい商品をコマーシャルする。




優雅で美しい、革新的なライフスタイル。快適で刺激的なドライビング。楽々快適な使い心地。



しかしそれらの商品は価格が高すぎるのである。一方退屈なコモディティの魅力は、本来誰も宣伝してくれはしないが


驚きの価格から生じる、刺激的な豊かさ。古くからの試され尽くした事による信頼性と耐久性。ブームに流される事のない確実な実用性。悠久の時を隔てて改良に改良を重ねた驚きの高性能。



といった魅力があるのである。この驚きの性能と価格は貴方にとって、何よりも奇跡をもたらす。













ホーム > > > バリュー消費コラム
もどる