眩いばかりの魅力的な服、新しい高機能なテレビ、傷一つないどっしりとした重厚な家具。新しい物を買う際には、明るい未来を想像する。


しかし、忘れてはならない。その新しいテレビを買った瞬間に、過去のブラウン管テレビは瞬時に陳腐化する。ひょっとすると将来使うかも知れないと押入れの奥にしまってしまう。しかし、それは決して使いはしない。





何かを得れば、何かを失っているのだ。








新しいものが必要な場合も当然ある。だからこそ




新しい物を掴むときには、何を失っているのか常に念頭に置くと良い。そうすれば無駄は極力減る。





ホーム > > > バリュー消費コラム
もどる