低体温を避ける



健康のコアは、低体温を避ける事である。体温が下がれば免疫システムが弱る。



免疫システムが弱くなれば様々な病気になってしまう。肌の艶も悪くなる。


体温をなるべく保つのが、健康の要諦である。




筋肉の増加、運動などを行い体温を高くしておこう。



タバコは低体温を加速させる。免疫システムが止まってしまう。様々な病気にかかりやすくなる。風邪が顕著な例である。冬になると体温が下がるから風邪を引きやすい。免疫システムが止まるからだ。





低体温症の人は冷たいものは避けよう。太っていないなら、体重を少し増やしても良いかもしれない。





私の家族の体験だと漢方が効き目があった。外にでると必ず風邪になる虚弱体質が漢方により改善された。それとは別に親族も漢方で虚弱体質が治った。

おそらく推定するに、基礎体温を漢方が高めにセットし直す作用があるのだと思う。





低体温は癌にもかかりやすい。毎日散歩などの地道な行動で低体温症を克服しよう。








おまけ

残念ながら漢方治療は少々高い。私の家族の場合は知人の好意に与りが作ってくれたが、原価だけで3万円以上した。おそらくその手の漢方の所に行けば何十万円もするかもしれれない。




ホーム > > > バリュー消費コラム
もどる